世代を超えて、多くの人にとっての顔の悩みとして、いつもトップにあがるのが「目の下のクマ」。一口に目の下のクマといっても、実は原因と見た目の色味によって4タイプに分けられます。

目元のクマの種類

青クマ

寝不足や冷え、目の酷使など、血行不良によりたまった静脈の血が透けて、目の下が青っぽく見えるのが青クマです。最近はスマホやパソコンなどで目を酷使する時間が長くなり、眼精疲労から血行不良が起こって、青グマに悩む方が非常に多くなっています。

【見分け方】
・目の周りの皮膚を軽く引っ張るとクマが薄くなる

茶クマ

紫外線による日焼け、メイクやクレンジングなどでこすりすぎることでダメージを受けてシミやくすみを作り、茶クマとなります。外からの刺激が原因になる事が多いのが特徴です。

【見分け方】
・目の周りの皮膚を引っ張ってもクマが薄くならない

黒クマ

加齢によるたるみで凹凸ができ、影で黒っぽく見えるのが黒クマです。

【見分け方】
・目の下が膨らんでいたりたるんだりしている
・見る角度でクマの濃さが違う

赤クマ

目の下が赤くなって、その周辺が腫れているように見えるのが赤クマです。青クマと同様、寝不足や冷え、目の酷使などで起こります。青クマは静脈のうっ血ですが、赤クマは静脈と動脈両方のうっ血によりできることがあります。

【見分け方】
・目の下が赤くなる、腫れる
・時々できる程度で常にクマができているわけではない